ジャパンダChは「収納」「ドライブ」「貧血」「トラブル」「冠婚葬祭」に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
トラブルCh トップ
トラブル解決術
生活・趣味
その他生活
温泉や銭湯でのぼせてしまった時の対処方法とは?

トラブル解決術

Q&Aを検索する

検索

13/03/14

Q. 温泉や銭湯でのぼせてしまった時の対処方法とは?

先日友人が温泉で長湯してしまい、のぼせてしまったそうです。私自身もお風呂が好きでゆっくり入ることが多いのですが、温泉や銭湯などでのぼせてしまった時はどのように対処したらいいのでしょうか?また、のぼせないお風呂の入り方についても教えてください。

A. 症状が出たらすぐに湯船から上がり安静に。頭や顔、足を濡れタオルで冷やし、水分補給をしましょう

普段から長風呂の人、血圧の高い人などは特に注意が必要です。自宅でリラックスしてついつい長時間湯船につかったり、旅先でお友達や家族とおしゃべりしながら長い時間お湯につかっていると、気づかぬうちにのぼせてしまうことがあります。また、温泉ですと体が温まりやすく、普段と同じ入浴時間でものぼせやすいので注意が必要です。

のぼせてしまった時は、症状が出始めた時点で早めに湯から上がることが大切です。体が温まっているので「このぐらいまだ大丈夫」と思っていても症状の進みは速く、最悪、風呂場や脱衣所で倒れてしまう人もいます。

湯船から上がったら、安全な場所で安静にしていましょう。横になるスペースがなければ座るだけでも大丈夫。熱くなった体にいきなり冷水をかけて急激に冷やすのは体に良くないので、まずは頭や顔、足を冷たい水で濡らしたタオルで冷やしていきます。体をシャワーなどで冷やす場合は冷水ではなくぬるま湯ぐらいで。また脱水症状にならないように水分の補給も必要ですが、いきなり冷水を大量に飲まず、ゆっくり少しずつ飲むようにしましょう。熱で失われやすいビタミンCを含んだ飲料水や、スポーツ飲料などもおすすめです。

入浴時ののぼせを予防する方法としては、頭の上に冷水で濡らしたタオルをのせます。そう、あの古典的な入浴スタイルは、実はのぼせの防止に役立っているのです。また、旅先で長く何度もお風呂に入りたいという場合は、一度に長く湯につからず、休憩を多めにとるなどしてのぼせないように工夫を。

情報提供:旅行ジャーナリスト 小暮祥子

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのトラブル解決術

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP